web版 第22-11号(No88)

  防災だより

 八王子消防署由木分署からのお知らせです。今月は、通報の仕組みについての話をしたいと思います。
 火災や事故などで119番通報をすると「災害救急情報センター」につながり、災害現場近くの消防署・消防出張所や移動中の消防車、救急車に出場指令がなされ、消防車や救急車が出動します。
 災害救急情報センターは、千代田区大手町と立川市和泉町の2カ所にあり、都内23区と多摩地域(一部を除く)からの通報をそれぞれ受信し応答します。
 下柚木地域からの通報は、立川にある災害救急情報センターに通報が入り、由木分署に出場指令が入るようになります。
 平成21年中の東京消防庁・救急出場件数は、約65万件で、時間にすると、48秒に1回出動していることになります。これは、実に都民の19人に1人が救急車を利用していることになります。

 ●病院へ行った方がいいかな?
 ●救急車を呼んだ方がいいのかな?
 迷ったら
 #7119 東京消防庁救急相談センター
 お電話ください。(24時間受付。年中無休)

 医師や看護師、救急隊経験者等(救急相談通信員)の相談医療チームが24時間年中無休で対応しています。

 11月9日から11月15日に由木分署で庁舎開放を行いました。体験コーナーは楽しんでいただけたでしょうか?
 今後とも宜しくお願い致します。

 ●今月の消防豆知識
  東京消防庁が保有する消防車両は全部で1898台

戻る



デル株式会社

デル今週のおすすめパッケージ【個人向け】


発行 下柚木町会  編集 下柚木町会広報部

中高年の方がパソコンを安心して利用できる場所 インターネットルーム ハタノ

inserted by FC2 system